ピンクのらくがき

生存報告・制作記・熱い叫び・イラスト……など、観月の悲喜こもごもを書き(描き)散らす場所。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝☆テレビ出演!!

  1. 2010.
  2. 12.
  3. 19
  4. (Sun)
  5. 12:55
 嘘みたいなホントの話。

 観月が制作中のゲーム『空色幻想曲』
深夜TV番組にて紹介されます!


【番組名】
MAG・ネット
~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~
特集 乙女ゲーム「薄桜鬼」


【放送予定日時】
2011年 1月9日(日) 24:05~24:49 NHK-BS2
2011年 1月14日(金) 24:20~25:04 NHK-BShi


「MAG・ネット」は、今年の4月からNHK・BS2で放送しているカルチャー番組で、マンガ、アニメ、ゲーム、ネットを横断的に取り上げるという主旨で制作しているそうです。

 乙女ゲーム「薄桜鬼」特集の回で、自作乙女ゲームの制作現場を紹介するコーナーがあります。5~6分程度の短いコーナーですが、観月がその取材を受けました。
 NHKのBS2かBShiを見られる方は、是非ご覧くださいませ♪(*^▽^*)

もちろん宣伝許可は頂いております。

 以下は、取材の裏話↓

「祝☆テレビ出演!!」の続き▽
 それは、11月。コミティア94の三日前でした。
 突然届いた一通のメール。

「乙女ゲームを自作されている方を取材したいと考えております。番組の取材をお願いできませんか?」

 ……。
 …………。
 ………………。(・_・)

 え?
 テレビ? 取材?? なんの冗談???

 いやいやいやいや。あり得ない。あり得ない。
 イベント前の修羅場で睡眠不足で白昼夢見てるよ、自分。三時間ほど仮眠とろうっと。


 三時間後。


 ……。
 …………。
 ………………。(・_・)

 メールまだあるね。
 え? 夢じゃない?? マジ???
 イタズラとかドッキリじゃないの!?Σ(・д・;

 ……どうやら夢でもイタズラでもドッキリでもないらしい(´・ω・`)

 でも、なんで観月が?
 まだ処女作も完成してない無名の一人っ子サークルだよ。
 もっとコンスタントに作ってる乙女ゲームサークルさん他にもいっぱいあるでしょ。
 てゆーか、乙女ゲームと銘打ってはいるが

ヒーローがむっつりスケベでいいんですか?
戦闘シーンがバリバリあっていいんですか?
サブキャラの半数オヤジでいいんですか?


 突然降ってわいたあり得ない状況に、イベント三日前で体験版作らなきゃいけない大事な修羅場でパニックにおちいりました ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 心臓バックバクで手が震えながらもメール返信。
「私でお役に立てるなら構いませんよ」

 受けちゃった……受けちゃった。受けちゃった!

 部屋掃除しなきゃ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 ……なんかもうホント落ち着けって感じですね(´・ω・`)

 また返信が来て、番組のディレクターの方がコミティアのスペースまでいらっしゃるとのことで、そこで初顔合わせすることに。

 そして三日後のイベント。
 徹夜でふらふらの状態でなんとか体験版完成させてスペースに鎮座。

 無料体験版がそこそこはけていったお昼過ぎ、ディレクターの方とそのアシスタントの方がスペースにいらっしゃいました。
 名刺交換して、参考にと番組第一回目のDVDも頂き、観月も無料体験版をお返し。簡単な番組の説明を聞いて、撮影の打ち合わせする日を決めました。

 ……なんてやり取りが、実はあったんですね、あのイベントで。

 名刺とDVDを貰っても、まだ半分信じられなくて。
 イベントの間も、終わってからも、ずっと長い夢を見ている感じでした。

 数日後。
 家の近所の喫茶店で撮影の打ち合わせ。
 撮影で聞かれるインタビュー内容を色々とお話しました(*^_^*)

 そのとき「なんで観月が?」と思い切って聞いてみたら、コミティアの同人ゲーム部2のサイトからたどって観月のサイトを見つけたようで

「二~三人で作っているサークルが多い中、観月さんはシナリオ・グラフィック・スクリプト・ムービー全て一人でやっていて『ええ!? すげぇっ!!』って思ったのがキッカケです^^」

 ……ああ、なるほど。
 番組を見る限り、一般の人を取材しているコーナーがいくつかあって、取材されているのは1コーナーに一人なんですよね。
 おそらく、一人っ子サークルを取材するほうが都合が良かったのでしょう。観月は東京在住だし。

 実は、コミティアと同人ゲーム部2の参加は、締切ギリギリまでどうしようか迷っていたんです。もし参加してなかったらこの取材の話はきっとなかったから……

 なんかもう、運だね(・∀・)

 お渡しした体験版をプレイしてくださったようで、ディレクターの方はもちろん男性なんですが

「両視点やったけど、リュート視点はギャルゲーのノリですよね。ああ、こいつクールな顔して意外と下心あるんだってw 自分もヒロインの胸元がちょっといいなぁと思いましたw」

 …………(・∀・;
 うんうん、いいよ。リュート視点は男性プレイヤー用に作ってるから。
 でも、乙女ゲーム……だもん(´Д⊂グスン

 なんて談笑しながら打ち合わせは二時間ほどで終了。
「お忙しい中お付き合い頂きありがとうございました」
 って言われたけど、むしろこっちのマシンガントークにつき合わせてすみません^^;
 自分の作品の話させたら際限なく喋るから、インタビューに関係ない雑談も多かった気がします。

 で、撮影日は12月12日。

 当日は美容院行って、フルメイクとヘアアレンジをしてもらいました(*ノノ)
 だって元がいい女優さんだってテレビ出るときはプロにメイクしてもらうんだから、整形は無理でもちょっとは小奇麗にしておかないと!!
 ちょうど父が上京してきて家にいたんですが、美容院から帰ってきた観月を見るなり

「化けたな」

 …………そうですか(´・ω・`)

「写真撮ろう、帰ってママにも見せる」

 と、おもむろにデジカメを取り出す父。
 親バカめっ!w

「友達に話したら、DVD録画するって言ってくれた」

 もう友達に話したのかよ! 観月は公開許可貰ってからと思ってまだ友達に話してないのに!!
 実家はBS見られるけどDVD録画はできないんですよね。だから頼んだのか。
 親バカめっ!ww

 まあ、気持ちはわかる。
 観月も自分がテレビに出るより、手塩にかけて育てた我が子リュートがテレビで紹介されると思うとすごく嬉しい(T▽T)

 親バカですが、何か?(´・ω・`)

 そしてお昼過ぎから撮影。
 ディレクターさん・アシスタントさん・カメラマンさん・音声さんの四名が、狭い6畳の部屋に密集して行いました。
 照明とかセットしてるところを見ながら

「あとで、撮影道具を写真に撮っていいですか!?」

 なんてお願いする観月。
 ……いや、だって、何かの作画資料になるかもしれないし(´・ω・`)
「いいですよ」って快く了承してくださいました。聞いてみると、一般の人でも記念に(?)写真を撮りたがるのでよくあることらしいです。

 照明などをセットして撮影開始。

 最初、カメラが部屋に入ってきて、机で絵を描いている観月が気づいて振り返り挨拶する……というシーンから始めました。
 挨拶はインタビュアー役のディレクターさんを見なければいけないのに、カメラ目線にしてしまってNG。
 だって、振り返ってディレクターさんより先にカメラが目に入ってくるんだもの!
 結局NG二回出してしまって三回目でようやくOK!

 なんか楽し~♪(*^▽^*)

 そのあとインタビューに答えながら「ゲームってこうやって作るんですよ~」って感じで作ってる風景を撮影。テストプレイしたりして、甘い台詞やシーンを撮られると思わず「恥ずかし~!///」って叫んじゃいました。

 撮影も二時間ほどで終了。

「これ、どうやって5~6分に編集するんですか?」って聞くと
「がんばってやるんです」

 …………そうですか。
 がんばってください^^;

 観月の家では残念ながらBSは見られないのですが、完成したら番組のDVDを送ってくださるそうです。
 わ~い、楽しみ~♪ヽ(^o^)丿

「薄桜鬼」特集の回なので、観月のゲームはついでで良いので是非ご覧ください!

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu

管理人

観月らん

管理人:観月らん

カレンダー

06 ≪ 2017/07 ≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

Movie

『空色幻想曲』OPムービー

『空色幻想曲』CMムービー

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。